ホームクイズで学ぶ安全安心>クイズで学ぶ特殊詐欺の被害防止
BIFUKA POLICE STATION  美深警察署 美深警察署の写真


 


クイズで学ぶ「特殊詐欺の被害防止」

Q1  
 携帯電話番号は特定の人にしか教えていないので、携帯電話に詐欺の犯人から電話がかかってくる可能性はない。  
まる     ばつ
     



Q2
 不審な電話があった場合、詐欺グループにだまされないためには、相手の話をよく聞き、自分の生活環境などを相手に詳しく話すことが大切である。
まる     ばつ
     



Q3
 自分の子供や孫の声は、電話でも絶対にわかるので、騙されないために家族の「合い言葉」などを決める必要はない。
まる     ばつ
     



Q4
 「便りがないのはよい便り」というので、父母や子供、孫に定期的に連絡を取らなくてもよい。
まる    ばつ 
     



Q5
 電話の相手が弁護士や警察官等を名乗った場合は、正当な職務と受け止め、 「カードや通帳を預かります」 「現金を振り込んで下さい」 等と言われた時は、その指示に従うべきである。
まる     ばつ
  



Q6
 「オレオレ。女性を妊娠させて示談金200万円が必要になった。至急、現金を振り込んで欲しい。」という電話がかかってきた時は、家族の危機なのですぐにお金を振り込んだ方がよい。
まる    ばつ 
  



Q7
 「レターパック」や「ゆうパック」でお金を送ることは、法律で禁止されている。
まる     ばつ
  



Q8
 電話の相手で「オレオレ」と言われても、すぐに子供や孫の名前を言わない方がよい
まる     ばつ
  



Q9
 還付金の手続きは、金融機関やコンビニ等のATMで行われることはない。
まる     ばつ
  



Q10
 「ロト6や宝くじの当選番号を教えます。」と電話で言われても、事前に当選番号が分かることは絶対にないので信用しない方がよい。
まる     ばつ
  
 
 詐欺防止 ミマモロウ  
 
印刷してみんなでやってみよう
 PDFファイル(206KB)




トップページに戻る